世界の至る所に鳥たちは住んでいます。
渡り鳥もいます。
寒いところにも、暑いところにもいます。

さて、世界から空を飛ぶ生き物、鳥が突然姿を
消したらどうなるでしょうか。
よく、絶滅種とか、たとえば、ニホンカモシカとか、

あるいは、オオカミや、アジアのトラとか
ありますけど、すべての鳥がいない世界です。
だから、空を見上げても、飛ぶものがいない。

それでも、飛行機はもう発明されていますから、
運用には支障ない。
ただ、植物でも、これま鳥の恩恵を被ってきた

木とか花が影響を受けるでしょうね。
ただ、いなくなって、残念ではなく、
生態系が崩れるわけです。


でも、なんとも寂しいですよね。
ニワトリなんかはどうなんでしょうか。
地面に暮らすから、滅びはしないでしょうけど、

朝起きて、鳥のさえずりがなくなる。
山に行っても、野原をかけても、
どこにもいない。

鳥を見慣れている人の感傷かもしれませんね。
これから、生まれてくる人は、
別に、過去の産物として、

大昔の恐竜ぐらいにしか、捉えないことでしょう。
これで、一稼ぎする輩が出てきます。
それは、出版業界、テレビ業界、


思い出、鳥たちよとかなんとか言って、
鳥の映像で金儲けを企てるでしょうね。
お土産としても、たくさんでるかもしれません。


さらに、鳥の博物館登場でしょうか。
PR